パートやアルバイトであっても面接は重要です

正社員や契約社員のほかに、アルバイトやパートの場合でも就職するためには必ず面接を受けることになります。

面接時にふさわしい靴について

パートやアルバイトであっても面接は重要です 正社員や契約社員のほかに、アルバイトやパートの場合でも就職するためには必ず面接を受けることになります。その際に気をつけるべきポイントとして服装など気をつける人は多くいますが、意外に見落としがちな箇所として靴があります。足物と面接時に目線を落としてすぐに目につくポイントとなるため、面接にふさわしい靴を履いていくようにすることが重要となります。面接時の服装は基本的にスーツなどが多くなるので、スーツにあった靴として男性であれば革靴を選び、女性であればパンプスを選ぶのがよいです。パートやアルバイトの時の面接時は、服装もありますが落ち着いたデザインを選ぶようにします。

避けたほうがよい靴としては、サンダルやブーツに運動靴などは面接時には不向きです。スーツ姿ということで女性にありがちですがパンプスだからといって、ヒールの高いピンヒールやデザインが派手なオープントゥなどは相応しくないので注意です。また靴の種類にもよりますが、歩いた時に音が響くようなタイプの靴も避けたほうがよいです。また靴自体は面接を受ける当日の朝には、綺麗に磨いて汚れや傷などが目立たないように手入れをしておくことも大切となります。面接にふさわしい靴であっても、汚れてしまっていては台無しになるので注意するようにすると良いです。

注目情報